老犬セディ

  • 2008.05.27 Tuesday
  • 23:54
実家のセディについて、

ホントは……もっと前に書かなくてはいけなかったのですが、

どーしても…書けなくて。



実は

去年の12月11日

私が日本からオーストラリアに戻った10日目。

永眠いたしました。



なぜ今頃になって書くかと言うと、

今日、ある方の愛犬が亡くなったと言う記事を読んで、

皆、ちゃんとお別れしてるなぁって

私も、ケジメをつけないとなぁ



初めて思えて。



セディが亡くなった日は、旦那さんはまだ日本に居て、私はこっちで一人でした。

なので、そんなひとりぼっちの時に訃報に接したら、きっと耐えられないだろうと言う両親の計らいで、私には知らされませんでした。

知ったのは、旦那さんが帰ってきた15日。

「形見分け」として、セディが使ってたお散歩バッグと、ブラシ、リードなどを両親から預かってきてくれました。



初めは、ただただ悲しくて泣きまくり、

そのうち「今回、私が日本に帰ったから…疲れさせてしまったんじゃないか?寿命を縮めたんじゃないか?」と後悔の念にかられ、

最後には“もう会えないんだ”という現実に打ちのめされ、



思い出しては泣き、思い出しては泣き、それは今も変わっていません。



あっ途中で

「どうして私の夢枕に立ってくれないの?」

と責めてみたり、

いけないと思いながらもここに来て!って呼んでしまったり、

「セディが亡くなった時、私は彼の死に気が付けなかった」

と自分の鈍感さを罵ってみたりもしましたね。




ただ、同じ泣くでも心が締め付けられるような辛さは段々に薄れてきているのは確かです。

今はシミジミ泣く……と言う感じでしょうか?



「あなたは、離れていたから余計に現実として受け止めるのに時間がかかるかもね。」

と母に言われていたのですが、それなんでしょうかね?



中学卒業の頃から31歳まで

弟として大好きだったセディ。



最後は、両親にオムツを取り替えられながら……静かに亡くなりました。



両親は、足腰の立たなくなってしまった彼の看病で本当に大変だったと思います。

常に付きっ切り。彼の夜鳴きでいつも寝不足でした。

でも、最後まで手を抜かずに、精一杯面倒をみてくれました。

ホントお疲れ様でした。



私も、最後の数週間、介護まがいの体験をさせてもらいました。


いつか来る、チャモの予行練習をされてくれたのかな?




ホントに凶暴で、

我侭で、

最後までえばりん坊だったけど、



雷が大嫌いで、

お留守番が大嫌いで、

文句言いながらも、家族と一緒が大好きだった



ぶきっちょな寂しがり屋のセディ。



今までも、

これからも、

ずーっと家族だからね。




ただ、

最近モ太郎がやけにセディに似てきて。

もしかして

時々モ太郎の中に入り込んでる?と思うくらい(^_^;)



時々は様子を見に来てくれてるのかな?

お腹の赤ちゃんも、セディが亡くなってすぐ私の元にきてくれて、

セディが

「あなたなら育てられるよ」

ってプレゼントしてくれたと

思ってます。



今も涙がとまりません。

でも、

私がケジメをつけないと、セディも虹の橋の向こうで、思いっきり楽しめないから。




ありがとね。

大好きだよ。



元気なおじいちゃん

  • 2007.01.16 Tuesday
  • 09:27
数日前、実家のセディが


↑現在の写真


「突然ごはんを食べなくなった!」

と聞いて、かなり心配していたのですが、

昨日、

「大変、元気になり、一安心です。何か拾って食べたのでしょう。」
↑(父のメールからそのまま抜粋。)

と連絡がきて

ホーッ…って…拾い食い!?ゞ( ̄∇ ̄;)おいおい


おじいちゃん…いつまでも食欲旺盛でよござんした。

でも、

17年目突入してるのですから、いつまでもガッついてないで、穏やかにねぇ〜(*^_^*)




いくつになっても食いしん坊♪




坊♪


実家のセディちゃんですが、

私たち家族は、彼が誰よりも美男子で、誰よりも愛らしいと(顔だけ)確信していたのですが、

家を出て、

ちょっと冷静になってみたら…



↑6年前の写真

……!?

こんなにまん丸だった?


これじゃぁまるで


↑6年前の写真

または、

忍者ハットリくんに出てた“ししまる”みたい。


アバタモエクボ?

恋は盲目?


こんな事言ったら、実家の両親に猛攻撃をくらいそうだわっ♪

セディは可愛い可愛い!誰よりも可愛いよーっ!!んだ。。ふぅ〜。


よろしければ、右上のランキングボタンをポチッとお願いします。

我が侭な犬の育て方

  • 2006.09.04 Monday
  • 00:20
うちの老犬セディちゃんは

とても我が侭。

それは、小さいときからずーっと

変わらない。

と言うか、

酷くなってる……。



「なんだよ(怒)」


小さいときの甘噛みも本噛みだったし、

怒っても逆切れされるし、

鼻噛まれて、未だに跡になってるし、

抱くとギャーギャー言われるし……


それもこれもセディを譲ってもらったブリーダーさんから

「チワワはとっても神経質で臆病で気が弱いので、ぜーったいに

“叱らないで、怒らないで、大声出さないでっ!”。」

と教えられていた為。

初めて犬を飼う私達はその言葉を鵜呑みにし、

その見た目の小ささや、はかなさや、天使(天犬?)の様なお顔に

「ぜーったい怒らないからね!大事にするからね!」

と誓ってしまったのでした。


「こんなお顔?」

大失敗だったわっ!


まぁそれだけが原因ではないのですがね。



赤ちゃんの頃から食欲がなくて、ご飯の度に逃げて逃げて、痩せていってしまったり、



半年くらい過ぎた頃から痛みを訴えるようになり、結構長い間原因不明の痛みで苦しみ、それがようやく尿結石(砂だったのでなかなか見つからなかった)だと分かり、それも普通は

「アルカリ性の尿結石が出来る子は身体を酸性にしておけばいい。またその逆。」

なのに、セディは両方出来てしまう為、食べれる食べ物がなくなってしまったとか、



1歳くらいの時に、兄が引越しをしている最中にドアから逃げ出し、雨の中チラシを配ったりして家族総出で大捜索をして、1週間後やっと保護してくださっていた方から連絡があって、

「可愛がってるから返さない。逃がしたそっちが悪い。」

と言われて、涙ながらに訴えて返してもらったりとか、



………小さい頃は結構いろんなことがあって、その度に


我が侭でもいい。たくましく育って欲しいっ!


って思っちゃったわけですよ。

事実、母は食べ物制限の為に栄養が偏って、長くは生きられないだろうと覚悟し、

「せっかく我が家に来てくれたんだから最低5年は生きて欲しいっっ!

と本気で言ってたし。


それが16年……詐欺だ(笑)

そのお陰で、1年1年一緒に過ごせた事に本気で感謝できたので、良かったっちゃぁ良かったんですけどね。

でも

こんなに頑丈な心臓と肝っ玉だったらもうちょっと躾できたのでは??

と今更ながらに思ってしまうMaaMiなのでした。


「ごちゃごちゃうるさい!早く立たせろやっ!(怒)」


あ〜何かが間違ってる…チャ助モ太郎が恋しいわ〜(涙)
(このお陰で、チャ助モ太郎はとーっても良い子ちゃんですっ!)


こういうこと言うと、

「俺のお陰じゃ!」

って言われそうで怖いわ…。
こんなんでも家族全員から溺愛されてるセディって……羨ましい限りです。はい。




にほんブログ村 犬ブログへ
↑こんなチョイ悪チワワでも愛してくれる方…クリックお願いします。

靴下を履いた犬

  • 2006.09.02 Saturday
  • 00:20
16歳のセディは前足に力が入らないので、1歩歩くと



こうなる。

前足が横に広がってしまうと自力では立てないので

命令する。

「ウォウ!ウォウ!」

呼ばれた家来…もとい家族が「何でしょうか?」とお伺いをたてて、その状況にあった援助をしなくてはならない。

それは時に

「水!」

だったり、

「トイレ!」

だったり、

「飯!」

だったり、ただ単に

「起き上がらせろ!」

だったり、はたまた

「そこまで連れて行け!」

だったり…ちょっとでも間違えるとまた

「ウォウ!ウォウ!」

と怒られる。


そして、食事の時も、トイレの時も、お水を飲む時も前足を押さえていないとまた

ベチャッ

とつぶれる。



家来達…もとい家族達はその命令がいつ発せられるか、常に耳を傾けてなくてはならない。

それもこれもすべて「前足に力が入らないので、滑ってしまうのが原因」という事で、




買っちゃいました。

滑り止め付き靴下(笑)


いつも「くだらない物買ってきて!」とうるさい父も「いいじゃん!」と大絶賛!

最悪、食事のときだけでも滑らなければ本人も楽だろう。

で、試し歩き…。



意外に良いみたい。
滑りも少ないし、前より軽快に歩いてる…様に見える。

ただ、気を抜くと滑り止め部分が上を向いてたりするのだけどね。

「いいじゃん!いいじゃん!」

と家来…もとい家族全員に大絶賛だったのですが、今日の夜、食事が終わってたセディに

「そう言えば、靴下履かせたの?」

と聞いたら

「あっ忘れてた…」

………。


「だって、履かせる時にギャイギャイ怒られるから、命令に従ってた方が楽なんだよね〜♪」by父&母


駄目じゃん!

何だかまたお蔵入りしそうな気配です。




にほんブログ村 犬ブログへ
↑お蔵入りしている便利グッズに「努力の跡」を感じてくれる方、クリックお願いします。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM